更新履歴


▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、
久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

【  2013年06月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

PageTop▲

皆さま、お手を拝借

なんでもみかん箱(その他入れ)

2013.06.03 (Mon)

 ◆宴会には手締めがつきもの 昔と比べれば、減少傾向にあると言われつつも、職場から宴会、パーティの類が消えることはありません。 宴会の中には、忘年会、納会といった「シメ」の意味合いをもつ行事や儀式として行われるものがあります。また、社会人であれば仕事とは別に、結婚披露宴やお祝い会といったおめでたい行事に出席する機会もあることでしょう。 そうした場所で時折見かけるのが「手締め」です。「手打ち」という表...全文を読む

PageTop▲

犬の肉球ブログ 桃子編三 オーディション 第一話

【桃子編】 三 オーディション

2013.06.05 (Wed)

 桃子編三 オーディション 第一話 東京は物騒だから気をつけなさい。 両親は上京する際、心配そうな顔で桃子を見送った。 その言葉を鵜呑みにして、常に警戒を怠らないように過ごしたのは、初めのひと月くらいだった。住んでみれば故郷とたいして変わらない。仙台にだって物騒な場所はあった。そして東京に来てからこれまで、身の危険を感じるような出来事は何ひとつ起こらなかった。 強いて言えば、これが初めてなのかもしれ...全文を読む

PageTop▲

犬の肉球ブログ 桃子編三 オーディション 第二話

【桃子編】 三 オーディション

2013.06.09 (Sun)

 三 オーディション 第二話 そして火曜日。オーディション当日がやってきた。 一次審査である書類選考は毎度のごとく通過したが、連絡が遅かったので冷や冷やした。 おととい亜衣から届いたメールでは、今回のオーディションの応募者数は約二百七十名。告知から締め切りまで僅か二週間でよく集まったものだ。 予め亜衣が予想していた通り、このオーディションはテストとして実施されるものであり、今回上手くいけば、次回以降...全文を読む

PageTop▲

犬の肉球ブログ 桃子編三 オーディション 第三話

【桃子編】 三 オーディション

2013.06.12 (Wed)

 三 オーディション 第三話 雑誌『WANTA』の編集長、谷口健二は不機嫌だった。 こんな合同オーディションに参加しなくても、誌面を飾ってくれる「読者モデル」は充分に足りているし、毎月数人から数十人、モデルに使って欲しいという問い合わせが絶えたことはない。 読者の目線で親しみやすい内容を作るのが『WANTA』の基本方針であり、その方針は谷口自身が打ち立てたものだ。今のところそれは成功と言っていい成果...全文を読む

PageTop▲

犬の肉球ブログ 桃子編三 オーディション 第四話

【桃子編】 三 オーディション

2013.06.17 (Mon)

 三 オーディション 第四話 会場は品川駅からほど近い貸しホール。あまり大きくはないが、まだ新しく、手入れの行き届いた小奇麗な建物だった。 桃子は一度立ち止まって、ゆっくり深呼吸をしてから、入口に向って足を進めた。ふと見ると、周囲にも同じように深呼吸をしたり、建物を睨むように見上げている若い女が何人もいた。皆桃子の敵というわけだ。 受付では名前の他に体のサイズも訊かれた。二次審査を通過した場合、次は...全文を読む

PageTop▲

犬の肉球ブログ 桃子編三 オーディション 第五話

【桃子編】 三 オーディション

2013.06.21 (Fri)

 三 オーディション 第五話 オーディション会場である小ホール、その最前列の席が審査員用になっている。審査員は谷口を含めた三誌の編集長と、ネルモプロモーションの社長と営業部長の五人。 形としては社長が審査員長だが、このオーディションの趣旨では決定権は雑誌側にある。審査員長は選考会議の司会と調整役といったところだ。次回以降はゲスト審査員も何人か招聘したいらしい。 公開とはいえ、たいして宣伝もしていない...全文を読む

PageTop▲

犬の肉球ブログ 桃子編三 オーディション 第六話

【桃子編】 三 オーディション

2013.06.28 (Fri)

 三 オーディション 第六話 休憩を挟んで、第三セッションが始まった。 ここも全十九名で、鈴元リストからは、四十番木村桃子、四十一番坂井菜々、四十八番上島鮎、五十五番藤川千春の四名が登場する。「それでは入場します。まず、四十番、キムラモモコさん」 司会が氏名を呼ぶと、舞台袖から木村が現れ、舞台中央まで進んでくる。そこで彼女はマイクに向って言った。その視線は審査員ではなく、司会者に向けられている。「木...全文を読む

PageTop▲

前月     2013年06月       翌月

更新履歴カレンダー

05 ≪│2013/06│≫ 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月・日を選んでクリックすると
更新履歴が表示されます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。