更新履歴


▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、
久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

【  2013年10月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

PageTop▲

(雑記)タイトル修正のお知らせ&お礼

雑記・ひとり言

2013.10.01 (Tue)

 10月になってしまいました。暑いのが苦手で、寒いのはわりと平気な私にとっては、日に日に過ごしやすくなってきておりますwでも、季節の変わり目には弱い体質でして、早く気候が安定してほしい今日この頃です。さて、以前にも雑記で書きましたが、現在連載中の『犬の肉球ブログ』の、各話のタイトルを一部修正することにしました。このまま続けていくと、後半に入ってから紛らわしくなってしまう可能性があるためです。内容に変...全文を読む

PageTop▲

犬の肉球ブログ 桃子編七 引越し 第四話・その二

【桃子編】 七 引越し

2013.10.02 (Wed)

 七 引越し 第四話・その二「――で、いつから付き合ってるの?」 笑いが収まってから、成美はさらに追及を始めた。もう桃子も開き直って、というよりもやけくそな心持で、訊かれたことには全部正直に答えることにした。「いつって言われると、どうなんだろう。別にお互いに『付き合う』とか言ってないし。でもお――たぶん、私的には・・・・昨日から、かなあ」「うそー。出来立てのホカホカじゃない。それはちょっとびっくりね」 深刻...全文を読む

PageTop▲

犬の肉球ブログ 桃子編七 引越し 第五話

【桃子編】 七 引越し

2013.10.08 (Tue)

 七 引越し 第五話 引越しの日、朝から生暖かい風が強かった。 夏は猛暑で冬は暖冬、だんだん世界が壊れ始めている。 しかし、今の桃子にとっては、今日一日を無事に終えることの方が遥かに重要だった。 誰にも内緒で引越すといっても、実際のところ成美にはバレてしまっている。あれから四日間、桃子は昼間に一度荷物を取りに帰っただけで、あとはずっと成美のマンションに居候していた。 お陰で何の準備もできず、仕方なく...全文を読む

PageTop▲

犬の肉球ブログ 桃子編七 引越し 第六話

【桃子編】 七 引越し

2013.10.13 (Sun)

 七 引越し 第六話「これは、なんですかね?」 桃子がブログ『犬のぷにぷに』を表示させたパソコンをしばらく眺めてから、鈴元は呟くように言った。「これ」とは当然、ミーナの気色悪いコメントのことだった。 桃子は成り行きを簡単に説明した。写真が放り込まれたり、窓ガラスを割られたことについては細かく説明することを避け、単に「いやがらせ」があった、に止めた。「それは物騒な話ですね。それで、何か対策は講じていま...全文を読む

PageTop▲

(雑記)前半終了&短期連載の予告です

雑記・ひとり言

2013.10.17 (Thu)

 現在連載中の長編『犬の肉球ブログ』、おかげさまをもちまして、前半にあたる「桃子編」がなんとか終了しました。これといった盛り上がりもなく、地味に終了してしまいましたw連載を開始したのが4月の中旬頃になりますので、ちょうど半年経ったことになります。長いですw後半にあたる部分は「蓮編」と名付けていますが、前半よりは短いハズです。でもまだ書いてない所も結構あるので、全部終わるのにあと半年くらいはかかるかも...全文を読む

PageTop▲

芍薬の部屋 あらすじ/概要

芍薬の部屋(連載中)

2013.10.21 (Mon)

 【あらすじ】「女性のみ入居可」 このマンションの中で、ただ一室にだけそういう条件がついている。 その意味も理由も考えることなく、男はやむを得ずその部屋で暮らすことになった。 もちろん格安で。 一応、ホラーとなります。でもライトなシャウト系であり、怖くはありません。 本編『芍薬の部屋』に加え、番外編である『芍薬の部屋 アナザーサイド』も合わせて掲載する予定です。【概要】 初のホラー、ということになっ...全文を読む

PageTop▲

芍薬の部屋 話の一 丘のある街(前編)

芍薬の部屋(連載中)

2013.10.23 (Wed)

  双塚市、と書いて「ふたつつかし」と読むらしい。ずいぶんと語呂が悪い。 健吾(けんご)にとって、この街はその程度の認識しかない。 東京都に隣接し、私鉄も通っているため、都心まで一時間とかからないくらいの利便性はあるし、相応に整備され、住宅街は閑静で商店街には活気もある。さりとて、わざわざ足を運んでまで見るべき観光名所もレジャー施設も、行列ができるようなグルメスポットもないこの街の駅で降りる者といえ...全文を読む

PageTop▲

芍薬の部屋 話の一 丘のある街(後編)

芍薬の部屋(連載中)

2013.10.26 (Sat)

 「さーて、場所の案内は必要かな」 康則叔父は、このあとすぐに商工会の会合に出席する予定になっているとのことだった。社員は車と一緒にみんな出払っているらしい。「なぜか今日は多忙でね。夕方まで待てば戻ってくる社員もいるが・・・・」「いいわ、私が場所を教えといてあげる」 カウンターの隅から、声がした。さっきも一度口出ししようとした女が、立ちあがっていた。昼食は済んだらしい。 確か、康則叔父は彼女のことを「た...全文を読む

PageTop▲

芍薬の部屋 話の二 黒いモノ(前編)

芍薬の部屋(連載中)

2013.10.28 (Mon)

  健吾の引っ越しは、二日後に決行された。 両親の海外旅行は四日後に迫っていた。あの二人より先に動くことこそが重要だった。そうしなければ、わけのわからない後始末を押し付けられる危険があったからだ。 住む、といっても二カ月程度の期間限定だ。荷物も最低限のものでいいはずだから、レンタカーで軽トラックを借りて運ぶことにした。浮いた引っ越し代は小遣いにしてしまおう。『二ノ塚マンション』に着き、健吾は自らの浅...全文を読む

PageTop▲

(雑記)一年経ちました。

雑記・ひとり言

2013.10.30 (Wed)

 このブログを始めてから、だいたい一年経ちました。確か開設したのが去年の10月24日、その後慣れない手つきであーだこーだと実験したり練習したりして少しずつ形を整え、最初のお話を掲載したのが31日、ということになっていますw一周年だからといっても何か特別なことは何にも考えていません。しかし、区切りと言えば区切りでもあるので、少しテンプレートの変更をしてみようかな、と思っています。現在はNovelテンプレー...全文を読む

PageTop▲

前月     2013年10月       翌月

更新履歴カレンダー

09 ≪│2013/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月・日を選んでクリックすると
更新履歴が表示されます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。