スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ちゃいろいおべんとう  あらすじ/概要 →お知らせ&ごあいさつ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 王様の宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記・ひとり言
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【ちゃいろいおべんとう  あらすじ/概要】へ
  • 【お知らせ&ごあいさつ】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

ちゃいろいおべんとう

ちゃいろいおべんとう

 ←ちゃいろいおべんとう  あらすじ/概要 →お知らせ&ごあいさつ
遠足の楽しみといえばお昼のお弁当、という話を聞くことがあるけど、私はお弁当の時間が好きじゃなかった。

小学四年生のとき、山登りの遠足があった。リュックを背負って汗だくになって歩いて、頂上につくとお待ちかねのお弁当。
クラスメイトのみんなは「やったー」と大喜び。仲のいい子が集まって、シートを敷いて、リュックからお弁当をとりだす。

フタを開ければ、おにぎりやサンドイッチ、そして色とりどりのおかずたち。たまご焼きにそぼろ、たこさんウインナー、ミートボール、ポテトのサラダにプチトマト、うさぎさんのリンゴ……みんなのお弁当はどれもカラフルで美味しそう。
それにくらべて、私のお弁当は――。

「うわー。また茶色いよお」
フタを開ければ、そこはいつも茶色の世界。ひじきの煮物や、切干大根、小魚の佃煮、豆や昆布、ご飯の真ん中には梅干し……おかずはほとんど煮物で、茶色くてとっても地味。
しかも、良く見ればそれは全部昨日の夕飯の残りだった。今日のお弁当のためにわざわざおかずを作ってくれるみんなのお母さんがうらやましかった。
「あ、それ美味しそうだね」
「ちょっともらってもいい? 私のと交換しよう」
なんて言いながら、自慢のお弁当を見せっこしたり、おかずを取っかえっこしたり、みんなはとっても楽しそうだけど、私はお弁当を誰かに見られるのが恥ずかしかった。だから、できるだけ目立たずに素早く食べてしまうことにしていた。ちっとも楽しくなんかない。
「ケイちゃんのはどんなお弁当なの?」
友だちが声をかけてきて、まだ食べかけのお弁当を覗き込んだ。私は思わずフタをかぶせてお弁当を隠してしまった。
なんとなく気まずくなって、友だちはそのまま何ごともなかったようなふりをして遠くに行ってしまった。私は泣きそうになりながら、こそこそ食べ続けた。

「お母さんのお弁当は茶色いからイヤ! もっとキレイなの作ってよー」
家に帰ると、お母さんに弁当箱を渡しながら文句を言う。でもお母さんには通じない。
「むふっ。見た目よりも大切なのは栄養と味よ。ちゃんと考えてるんだから――あら、文句を言うわりには、しっかり全部食べてくれたのね。ケイはえらい!」
そう言って私の頭をなでるだけ。お母さんはいっつもそう。
納得できなくて、いじけて泣きだしても、お母さんは笑ったままだった。いつもよりちょっとだけ眉がハの字になってたような気がするけど。



お弁当の悩みを抱えたまま、私は高校生になった。
お母さんの作るお弁当は相変わらず茶色い煮物系。もちろんほとんど夕べの残り物。しかも弁当箱は、なぜかタッパー、ちなみに男子にも負けないサイズ。

そこにご飯を山盛りに積み上げて、フタでぎゅうっと押しつぶすように詰め込んでいる。だからご飯はいつもはみ出しそうでカチカチ。箸が何度も折れそうになる。海苔が敷いてあったけど、開けると必ず海苔は全部フタにくっついている。
おかずとの仕切りなんてないから、煮汁がしみ込んでご飯まで茶色い。
色もそうだけど、この四角くて分厚くてズシリと重い手ごたえは、とても年頃の乙女のお弁当とは思えない。やっぱり恥ずかしい。

「せめてかわいいお弁当箱にしてよー」
私がいつものように文句を言うと、
「むふっ。そんなこと言っちゃって、結局全部食べてるくせに」と、お母さんは笑うだけ。
女の子らしい、かわいくてカラフルなお弁当なんて、遠いまぼろしのようね。

二年生の秋、突然お母さんが入院した。
私は自分でお弁当を作ることになった。お母さんのことは心配だけど、これはあこがれのカラフル弁当を作るチャンスだった。料理は得意じゃなかったから、できあいの惣菜や冷凍食品を使ってみた。
「うん、なかなかきれいにできたかも」
夢にまでみた、赤や黄色や緑で彩られたお弁当に大満足。お弁当の時間が楽しみになった。

でもどういうわけか、一週間もしないうちに少し様子が変わってきた。ずっとカラフルでかわいらしいお弁当を作り続けているのに、食べてもあまり美味しいと思わなくなってきた。

おかずにしている惣菜や冷凍食品、見た目はきれいだけど、ちょっと味が濃いし脂っこいし、たまにノドにつまりそう。毎日食べてるとなんかすぐに飽きちゃうみたい。
そして頭に浮かんでくるのは煮物。
急に煮物が食べたくなった。茶色くて地味だけど、甘かったり辛かったりのいろんな味、たくさんの野菜、よく汁が染み込んでて、ご飯ととってもよくあう、いくらでも食べられる、お母さんの煮物――。

どんどん食べたくなって、我慢できずに私はノートと鉛筆を持って病院に行った。
「お母さん、煮物の作り方教えて!」
病室のベッドに横になったまま、お母さんは「むふっ」と笑った。
お母さんは一日にひとつ、煮物の作り方を教えてくれた。私はそれをノートに書き、帰宅してから作ってみる。そんな毎日を繰り返した。
私のお弁当はたちまち茶色に戻った。

ダシを自分でとったのは初めてだった。煮る前のあく抜きや下ごしらえなんてことも初めて知った。野菜の切り方も半月やらイチョウやらいろいろ使い分ける。さらに煮崩れを防ぐための面取りなんてこともする。
包丁に慣れない私の指はバンソウコウだらけ。
お母さんのお弁当が手抜きだなんて思ってたのは勘違いだった。こっちのほうがよっぽど大変。

失敗しながら、それでも何度も作っているうちに、だんだん上手になって、自分でもなかなか美味しいと思える煮物が作れるようになってきた。
一度味見してもらおうと、タッパーに入れて病院に持って行った。お母さんは一口だけ食べると、むふっと微笑んで言った。
「まだまだね、ケイ」
く、悔しい……。
その日から、本格的な私の煮物修行が始まった。お母さんに「美味しい」「まいりました、合格!」って言わせてやるんだ。

でも、二度と味見をしてもらうことはなかった。
お母さんの病気はだんだん重くなって、食べることができなくなった。そしてそのまま天国に行ってしまった。
それでも私は煮物を作り続けた。高校を卒業しても就職しても結婚しても、私の作るお弁当はいつも茶色かった。

今日は娘の遠足。しっかりと得意料理でお弁当を作って持たせた。
娘は帰ってくるなり、不機嫌そうな顔で私に言う。
「ママのお弁当ちゃいろいんだもん、恥ずかしいよ」
きたきた。言われてしまいました。なんだか不思議な気分。
私は娘から弁当箱を受け取り、中を見て、つい「むふっ」と笑ってしまう。
「文句言うわりには、ちゃんと全部食べてくれたのね。えらいえらい」
そう言いながら、私は娘の頭をなでてやるのだ。
                                       〈おわり〉


にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
もし気に入りましたら、ぽちっとしていただけると励みになりますw
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 王様の宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記・ひとり言
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【ちゃいろいおべんとう  あらすじ/概要】へ
  • 【お知らせ&ごあいさつ】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NoTitle

コメントありがとうございます。

ちなみに、話のモチーフは、自分の母親の作る弁当がこんな感じだった、からです(笑)。

はじめまして

この物語の主人公、けいちゃんは、とってもよくできた女の子ですよね。
自分でお弁当を作ってみて、お母さんのお弁当のありがたみがわかるだなんて、天国のお母さんも本望でしょう。

でもでもやっぱり、子どもってカラフルなお弁当を喜ぶもの。
もうちょっと譲歩してあげてほしかったな、ってことで、母になったけいさんは娘さんに、ちょっとだけ可愛いお弁当を作ってあげてほしいです。

というふうに、リアルに考えてしまいました。

私のブログにアップしている小説は一編が長くて、それゆえにあまり読んでもらえないっていうのもあるようです。
読みやすさって大切ですよね。

ゆーきさんのこの物語は、長さとしても文章のレイアウトも読みやすかったですよ。
深く考えさせられるお話で、内容もとてもよかったです。
今後も期待していますね。



Re: はじめまして

あかね さんへ

コメントありがとうございます。
温かなご意見、励みになります。

主人公のケイにとって、茶色のおかずはお母さんとつながっていられる大事なものですね。
でも、そのこだわりに、娘が巻き込まれちゃっているのは、なるほどご指摘の通りですw
そのうちにかわいいカラフル弁当作ってあげられるといいですね。

私のブログも、だいぶ扱いが慣れてきて、一息ついたところです。
レイアウトも、今は未定ですが、横書き表記の方がしっくりくるかなあ、という感想を持ってます。
じきに落ち着いてくると思いますので、そうしたら
あかねさんのブログも是非お邪魔させていただきたいと思います。
こちらも、少しずつ更新していきますので、また遊びに来てください。

NoTitle

こんばんは。
とても真っ直ぐな気持を綴った、優しい物語ですね。
主人公の気持ちも伝わり、とてもまとまっていると思います。
欲をいえば、やっぱりどこかで「彩を求める女の子の気持ち」を、ちょこっと汲んであげるシーンが見なかったな、なんて、思いました。

これは童話の公募用に書かれたのですね。
何かの規定に合わせて物語を書くというのは、やったことがないのですが。きっと難しいのでしょうね。
枚数や、内容も気にしなければならないし。
対象年齢層も、考えなければならないし。
でも、チャレンジすることは、とても大事ですよね。

私は、ついつい、自分が熱くなれるものにこだわってしまうので、公募というのはやったことがないのですが、公募作品を書く事は、いろんな意味でプラスになると思います。

文字組は、とても読みやすかったですよ。
このあとも、執筆、がんばってくださいね。

Re: NoTitle

lime さんへ

コメントありがとうございます。

あまり奇をてらうようなことは考えずに、素直に書いたつもりの作品です。なので、そのようにおっしゃっていただけると大変うれしいです。
ご指摘の点も含め、書ききれてない点はいろいろあるような気がしますw
私自身としては、もう少しお母さんの大雑把でマイペースなところを引き立てたいと、書き終えた後で思ったのですが、分量的にもストーリーを追うのが精いっぱいで、短編の難しさというものを痛感しました。
シンプル故のごまかしのきかない難しさ、とでも言いますか、そういう点を学べただけでも、この作品を書いてみたことに意味はあったかな、と今はとらえていますw

> これは童話の公募用に書かれたのですね。

はい、この作品は公募を目指して書きまして、実際に応募してます。
ただ、字数オーバーだったので、応募したのはざっくりと削った短縮したバージョンです。
締切ぎりぎりで、書きなおす時間がなかったので、無理やり切って貼ってどうにか収めたので、ただのダイジェストみたいになってしまいました。もちろん落選ですが、記念品をもらえたのでOKですw
概要にも書きましたが、こんな短いのは初めてで、それを公募に、というのはさすがに疲れました(笑)。

これからも拙い作品が目白押しになりますが、お時間のあるときにはどうか遊びにきてください。

はじめまして

ちゃいろいおべんとう。
私にも覚えがあるので、思わず口元緩ませて読んでしまいました。自分でお弁当作るようになって、初めて親の苦労が分かるんですよね・・・切ない。

ときおり読みに伺いたいと思います。
それでは。

Re: はじめまして

イ子 さんへ

お読みいただき、ありがとうございます。
お弁当は毎日のことですから、おかずを考えるだけでも大変ですよね。
私もそういうことに気付いたのは、母親が亡くなってからでした。今さらながら、感謝感謝です。


近いうちに更新する予定ですので、是非またいらしてください^^

NoTitle

よくできたお子様ですね。
・・・あまり弁当の記憶がないというか。
弁当の概念があまりない家庭だったので。
小学生ながら、なんとか自分で作って、「自分で作ったんだから文句あるか!?」的な感じで対応していた記憶もありますね。

Re: NoTitle

LandM さん

コメントありがとうございます。
ご自分で作られていたのですか。小学生で、それはなかなかに凄いですね^^

私の場合は、お弁当は作ってもらいましたがこれが結構テキトーで、小学生の頃は人に見られるのが恥ずかしかったという記憶があります。このお話もそうした体験がベースになっていますww
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ちゃいろいおべんとう  あらすじ/概要】へ
  • 【お知らせ&ごあいさつ】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。