スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←(雑記)タイトル修正のお知らせ&お礼 →犬の肉球ブログ 桃子編七 引越し 第五話
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 王様の宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記・ひとり言
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)タイトル修正のお知らせ&お礼】へ
  • 【犬の肉球ブログ 桃子編七 引越し 第五話】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「犬の肉球ブログ(連載中)」
【桃子編】 七 引越し

犬の肉球ブログ 桃子編七 引越し 第四話・その二

 ←(雑記)タイトル修正のお知らせ&お礼 →犬の肉球ブログ 桃子編七 引越し 第五話
七 引越し 第四話・その二

「――で、いつから付き合ってるの?」
 笑いが収まってから、成美はさらに追及を始めた。もう桃子も開き直って、というよりもやけくそな心持で、訊かれたことには全部正直に答えることにした。

「いつって言われると、どうなんだろう。別にお互いに『付き合う』とか言ってないし。でもお――たぶん、私的には・・・・昨日から、かなあ」
「うそー。出来立てのホカホカじゃない。それはちょっとびっくりね」

 深刻な相談だったはずなのに、いつのまにか他愛もない恋愛話になってしまった。そのことにも不満だった桃子だが、成美からの質問攻めに逐一回答を重ねていくうちに、次第に気分が晴れてきて、むしろ楽しさを感じるようになってきた。
 それとは逆に、初めは大喜びで訊きまくっていた成美は元気がなくなり、会話の口調も動作も機械的で、その動きも徐々に小さくなっていった。

 いつの間にか桃子が一人でのろけている。
 そのまま夜は更けていった。

 午前零時を過ぎたところで、ようやく成美は桃子を制止した。桃子は全く気づかなかったのだが、同じような話を四回は繰り返していたらしい。
「そろそろ話を元に戻しましょう。確かに、蓮が桃子ちゃんと付き合っているなら、わざわざあんなことをするとは考えられないわね。しかも今朝まで一緒にいたのならなおさらね」
「うんうん、そう思う。やっぱり、ミーナは私の知らない人じゃないかなあ」
「そうね、その可能性が高いわね。でも、実は思いがけない人がミーナだった、という事だってあり得るわ。だから、まだ何も解決していないし、油断しちゃだめね」
 蓮のことで有頂天になっていた桃子も、成美の言葉にようやく冷静さを取り戻してきた。

「それで、どうしたらいいと思う?」
「そうねえ、とりあえず状況を利用して、様子を見るとか」
「状況って?」
「確か、桃子ちゃんってもうすぐ引越す予定だったよね?」
「うん、引越すのはね――」
「待った! 言っちゃだめ」成美は両手で桃子の言葉を遮って、続けた。
「引越しの日時と引越し先の住所、今までに誰に話したか、全部思い出せる?」
「うーん、と。両親と・・・・あれ、親だけだ」
「それは間違いないわね? 蓮にも話してない?」
「うん。決めたのはつい最近だし、正確な日時とかは誰にも話してないよお」

「好都合だわ。それなら桃子ちゃん、今後も一切、誰にも引越しの日と引越し先を話してはだめよ。勿論私にも、蓮にも教えちゃだめ」
「どういうこと?」
「ミーナが誰かはわからないわ。全く見ず知らずの人物かもしれないし、もしかしたら知り合いの中にいるかもしれない。だから、期限付きでいいから、とりあえず全員を疑ってみるのよ」
「ええ、それって大袈裟すぎじゃない?」
「かもしれないわ。でもミーナの手がかりがない以上、誰もがミーナである可能性を持っていると考えた方がいいと思うの。蓮だってそうだし、もしかしたら私がミーナだってこともあり得るのよ」
「成美さんが? まさかあ。ミーナって男だし」

「男に見せかけるために、マンションのドアにあんなものをぶっかけた、というのはどう? その気になれば入手は不可能じゃないわ。そして今、桃子ちゃんは私のところにいる。全部私の思う壺って感じでしょ」
「ちょっと、恐いよお、成美さん」
「これは例え話。でも、そういう考え方もできるってことよ。だから、桃子ちゃんは誰にも知られないうちに、ひっそりと引っ越すの。そして、できればしばらくはおとなしくしている。それで何も起きなければ、とりあえず安心ってことにならないかしら。ミーナにとって桃子ちゃんは行方不明、ということになるんじゃないかしら」

「それで、一件落着?」
「引っ越した後、何も起きなければ、ミーナが見ず知らずの人だったら解決ね。誰にも住所を教えてないのにまた被害があったら、引越しを見られていたか、バイト先からつけられたか、とにかくまた対応を考えなくてはいけないわ。誰かに引越し先を教えた後で被害があったら、ミーナは知り合いの中にいる可能性が高くなるわ。だから教えるときは慎重に、時間差をつけてやると、正体を見つけやすいと思うわ」

「うう、なんか難しいなあ」
「当面おとなしくしていればいいのよ。それで、新しい住所は必要な時だけに、信用できそうな相手から教えればいいわ」
「どのくらいおとなしくしてればいいの?」
「そうね、一ヶ月間くらいかしら。その間に何か起きたら、すぐに私のところに来ていいから」

 結構長い。でも、ミーナの攻撃の有無を確認するにはそのくらい必要かもしれない。そうは思いながらも、桃子は少し恥ずかしそうに、もじもじしながら成美に尋ねてみた。
「もしかしてその間は、蓮とも会っちゃだめなの?」
「できればね。もちろん、新住所とか教えなければ会ってもいいんだけど、話の流れでうっかり話すとか、勢いで連れてっちゃうとかってこともあるし――少なくとも引越し日の前後くらいは会うのを控えた方が、白黒はっきりすると思うんだけど。我慢できそうにない? 付き合い始めたばかりだもんね」
「うーん、蓮の方は大丈夫だと思う。あとは私次第かなあ・・・・あ、メールくらいは構わないよね?」
 成美は苦笑しながら頷いた。
「別に、これは指示でも命令でもないから、あとは桃子ちゃんの判断ね」
「わかった、言うとおりにしてみる。他に何もいい考え浮かばないし。蓮にはオーディションが忙しいからしばらく会えないって言ってみる」

「それからね。このままブログを続けてるのも怖いでしょう。いっそのこと、閉鎖しちゃえば? ブログをやりたければ、他に改めて開設すればいいことだし」
「うん、そうなんだけどお・・・・」
 成美の提案は、桃子の思案のうちにもあったが、二つの理由で今すぐ閉鎖することに躊躇している。桃子はその理由のうち、一つだけを成美に告げてみた。

「ブログ名を変えないだけで怒ってあんなことしてくる奴だし、これで閉鎖とかしたら、今度は何されるかわからないよお」
「でも、引越して住所もわからないうえに、ブログも閉鎖ということになれば、ミーナとの接点は消えることになると思うけど」
 なるほどその通りだ、と桃子は思った。それで解決するなら、すぐに閉鎖してしまいたい。でも、今は二つ目の理由のためにできない。

「他になにか閉鎖したくない理由でもあるの?」
 目ざとい成美は、気乗りしない桃子の様子を見てすぐさま質問を重ねてきた。
 仕方なく、桃子は控えめに理由を話した。
 『WANTA』のブロガーモデルについて、一度話が頓挫したことも含めて。
「なるほどね。でも、『WANTA』の人にも早めに相談した方がいいわよ。事情が事情だから、閉鎖することには同意してくれると思うから」
「うん。そうする」

 話も終わってあとは寝るだけ。
 成美は布団を用意してから、シャワーを浴びに行った。
 その間、桃子はこっそりと蓮に電話した。成美の言いつけ通り、引越しのことを言うつもりはない。ただ、このまましばらく会えなくなるのも怖い。蓮はモテるうえに、妙に諦めが早い。蓮が承知するような、会えない理由を考えた。

 『WANTA』のモデルの話が継続になったことは伝えてもいいだろう。でもそれだけでは不十分だ。悩んだ挙句「しばらく実家に帰る用事ができた」ことにした。

 携帯にかけると、すぐに蓮が出た。いつもと変わらない声が何故か懐かしく感じられた。今朝まで一緒にいたはずなのに、不思議だった。こんな想いのままで、本当にしばらく会わなくて大丈夫だろうかと、桃子は不安になった。
 桃子の考えた苦しい嘘でも、蓮は全く疑うことなく了解してくれた。あまりにも素直なので、少しだけ罪悪感を覚えた。

 でもこれは非常事態だから仕方ない。全て終わったら、嘘をついていたことを謝ろう。
 嘘をつかなければならないのは、ミーナのせいだ。

 ミーナさえいなければ、今だって蓮と一緒に居られたのかもしれないのに。蓮の腕の中で甘えていられたのに。
 桃子の中で、ミーナへの憎しみが膨れ上がっていった。

(第五話につづく)




にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ  
お気に召しましたら、ぽちっとしていただけると励みになります
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 王様の宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記・ひとり言
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)タイトル修正のお知らせ&お礼】へ
  • 【犬の肉球ブログ 桃子編七 引越し 第五話】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)タイトル修正のお知らせ&お礼】へ
  • 【犬の肉球ブログ 桃子編七 引越し 第五話】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。