スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←(雑記)再開間近です →芍薬の部屋 話の五 憑依(後編・2)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 王様の宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記・ひとり言
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)再開間近です】へ
  • 【芍薬の部屋 話の五 憑依(後編・2)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

芍薬の部屋(連載中)

芍薬の部屋 話の五 憑依(後編・1)

 ←(雑記)再開間近です →芍薬の部屋 話の五 憑依(後編・2)
「この子はノインちゃん。生後半年くらいの女の子。人間に当てはめると、ちょうど瑞奈ちゃんと同じくらいの年頃だそうよ」
 一通り騒ぎが治まり、健吾が震える手で瑞奈を元に戻してやってから、改めて珠希は両腕に抱えている白い子猫を紹介した。

「ね・・・・ねこねこ。私もノインちゃん触りたい触りたい――」
「いいわよー。でもその前に、『合体』の話を私にも聞かせてくれない?」
 珠希は、鼻息を荒くしている瑞奈の手がぎりぎり届かない距離にわざとらしく座り、見せつけるようにゆっくりとノインの頭を撫でた。
「ううぅ。珠希さん、いじわるですねっ」
 唇を思い切りへの字に曲げながらも、瑞奈は猫のエピソードを語った。先ほど健吾が聞いた話をもう一度繰り返したようなものなので、とりたてて新しい情報はなかった。

 ――それにしても、このノインという子猫。
「その猫、珠希ちゃんが飼ってるの?」
 さっきから珠希に抱えられっぱなし、撫でられっぱなしで、微動だにしない。寝ているのか起きているのか、その常に瞼半開きのぶすっとした不機嫌そうな顔つきは、子猫らしからぬふてぶてしさだ。珠希が飼っているとすれば、これほどぴったりの相棒は他にいないだろう。
 きっと飼い主に似てるんだな――そんな考えが浮かんだ自分に満悦しながらも、うっかり本音が出ないように気をつけながら健吾は尋ねた。

「飼ってないわよ。私だってペット禁止の集合住宅住まいだから」
「ありゃ、違うの?」
「なんで?」
 自信たっぷりの推理だったのに、あっさりと外れてしまった。いささか拍子抜けしてしまい、
「いや、ペットは飼い主に似るっていうし――はっ!」
 つい本音が、出てしまった。

「あらあらー、それはどういう意味かしら?」
 鋭利な眼光とともに、珠希の背後からゴゴゴ、と不気味なオーラが迫り上ってくる様を、健吾は確かに見た気がした。
「い、いや、それはその・・・・」
 それが墓穴と分かっていても、つい言い淀んでしまう。
 そんな健吾の苦悩など我関せずとばかりに、ノインが行動を起こした。

 珠希に抱えられているのに飽きたのか、ぐあっと大きな欠伸をして――このとき健吾はノインが動くのを始めて見た――太い胴体に申し訳程度にくっついている手足をぶんぶんふり回し、その勢いで床に転がり落ちてから、のっそりと立ち上がった。
 そこでまたもう一度大きく欠伸をして、口の中が不快なのか、しばらくクチャクチャ音をたて、最後に「げふっ」とげっぷをひとつ。
 ――健吾を更なる窮地へと追い込むのには、充分だった。

「ほう――」
 穏やかさを装った珠希の声。
「つまり、ノインが私に似ていると言いたいわけね。で、どの辺りが?」
「あー、うー」
 言葉に詰まれば詰まるほど、珠希の威圧感が増し、追い詰められていく。健吾はこのとき、蛇に睨まれたカエルの気持ちを悟った――ような気がした。
「怒らないから正直に言いってみなさいよ!」
「ひえぇぇっ」
 もう怒ってるじゃないか!

     *

 ふてぶてしい子猫、ノインの正体は、珠希の父親である康則叔父の奥さん――つまり健吾にとっては叔母――が飼っている猫だそうだ。元々それほど懇意ではないため健吾は知らなかったが、叔母は大層な猫好きで、家には猫がたくさんいるらしい。

「確か、今現在十二匹くらい飼っているらしいわ。ノインは九番目。とにかく落ち着いていて、動きものろくて、何をされても動じないような、鈍そうな子を選んできたの」
「九番目だからノイン、か。結構安直だな」
「ちなみに、九番目がオスだったら、『九助』と名付ける予定だったそうよ」
「ははは、それはそれは――猫の名前にはみんな数字が絡んでるのかな」
「みたいね。何せ、一匹目はメスで名前が『一姫』、二匹目はオスで『二太郎』だそうだから」
「へえー・・・・え?」

 相槌を打ちながらも、今のマメ知識の披露に、健吾は微かな違和感を覚えた。
 たぶん顔に出てしまったのだろう。珠希はなんとなくばつが悪そうに、視線を逸らした。

「・・・・なによ。言いたいことがあったら、言えば?」
「いや――」
 佐藤家は嫌いだ、と言い放った珠希が佐藤家の、しかも実の父親の奥さんにまつわるエピソードを面白そうに話すのは確かに意外だった。だが、そんなことを告げても、珠希の機嫌を損ねるだけだと分かっている。
「パパがね、訊きもしないのに、勝手に愚痴るのよ」
 健吾が何も言わないのにしびれを切らしたのか、珠希は勝手に話し始めた。

「最初の二~三匹くらいまでは、パパも一緒にかわいがっていたみたいだけどね。今は多すぎて辟易しているみたい」
「そうなのか・・・・それにしても、十二匹っていうのは凄いな。叔母さんは本当に猫好きなんだなあ」
「今や家では何でも猫が最優先、次に息子が大事で、パパはついで、あるいはおまけ。居場所がなくなりつつあるみたいね」
 珠希は笑みをこぼした。和やかさとは程遠い、「ざまーみろ」という感情が浮き出ている。
 健吾は苦笑するしかない。
「へえー・・・・え?」

 ここでも再び違和感。
「なによ、まだなにかあるの?」
 また顔に出たのだろう。今度は真っ直ぐ睨むような視線を珠希は向けてきた。
「あのお、どうやって、と言うか、何て言ってノインを借りたの?」
 ちょっとだけ妙だと思った。珠希は「借りてきた」ってサラッと言ったが、それほどに溺愛している飼い猫を、しかも生後半年の子猫を、叔母はそう簡単に貸してくれるのだろうか?
「細かいことを気にするわね。いいでしょ別に――その、ちょっと借りてきただけなんだから」
 今の台詞で、だいたいの察しはついてしまった。要するに、珠希は勝手に侵入し、無断でノインを連れてきたということだ。
 ――でもそれって窃盗、あるいは誘拐になるのでは?

「あのお、せめてひと言、断りを入れておいた方が――」
 健吾の台詞は途中で遮断された。
「仕方ないでしょ、猫が必要だったんだから。わざわざお願いして断られたらどうするのよ? それに、なんで私があの人に頭を下げなきゃいけないの。夕方には返すし、それまで一匹くらいいなくても、気づかれないわよ」

 これは、相当に叔母の事を嫌っているんだな――その気持ちを察することはできる。しかし、だからこそ、事態を下手に悪化させないためにも、極力トラブルの種は摘んでおくべきだろう。
 自身が珠希から嫌われる側の集団に属していることに、少なからず胸の痛みを感じながらも、健吾は言うべきと思ったことを言った。
「気づかれないということはないと思うな・・・・後々厄介なことになったら、もっと嫌な思いをすることになるよ」
 珠希のほっぺが朱に染まり、ぷーっと膨らんだ。しかしながら健吾に反発の意を示すその態度には、先ほどまでの威圧感も迫力も皆無だった。

「じゃあ、せめて叔父さんには知らせておいてくれないかな。それも嫌なら、僕から事情を説明するよ」
「・・・・わかったわよ」
 珠希は渋々承知し、ノインが逃げないように注意を促しながら、瑞奈に渡した。

「きゃ――――! ノインちゃ――ん」
 喜色に満ちた瑞奈が、悲鳴を上げながら触りまくる。ノインはされるがままで、相変わらず半分寝たような顔でじっとしている。

 ――ノインには、幽霊である瑞奈の事が見えているのだろうか?
 ふとそんな疑問が浮かんだ。
 ちょっと訊いてみようかと珠希を見みたら、猛烈に不機嫌そうな顔をしながら携帯でメールを打っているので、やめておいた。


(後編・2に続く)


※一か月半ぶりくらいの更新です><
今回は(後編・1)と(後編・2)に分けました。半端なところで中断しています><
かなり長くなってしまったためです。前回も長かったですが、それ以上なのでw 間隔が空くと色々詰め込んじゃう癖がでてしまいます。反省してます。
この『芍薬の部屋』は、「小説家になろう」に投稿しているものを転載しています。「なろう」の方では後編は一本にまとめてありますが、ブログではさすがに長過ぎて読み難いかな……と思い、悩んだ挙句、分割してしまいました。
掲載してみて、そうでもないな、と思ったら後日結合させるかもしれません。
(後編・2)もそれほど日を置かずに掲載したいと思います。

ともあれ、今後はもっとペースをあげるように心がけたいと思います。
よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ  
お気に召しましたら、ぽちっとしていただけると励みになります
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 王様の宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記・ひとり言
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)再開間近です】へ
  • 【芍薬の部屋 話の五 憑依(後編・2)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)再開間近です】へ
  • 【芍薬の部屋 話の五 憑依(後編・2)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。