スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←芍薬の部屋 話の七 刻まれた証(後編) →犬の肉球ブログ 蓮編三 パピヨンの憂鬱 第四話
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 王様の宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記・ひとり言
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【芍薬の部屋 話の七 刻まれた証(後編)】へ
  • 【犬の肉球ブログ 蓮編三 パピヨンの憂鬱 第四話】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

雑記・ひとり言

(お知らせ)『芍薬の部屋』番外を載せます

 ←芍薬の部屋 話の七 刻まれた証(後編) →犬の肉球ブログ 蓮編三 パピヨンの憂鬱 第四話
これまでここのブログでは、意味なしのひとり言も、なにがしかの連絡事項も、全て「(雑記)~」というタイトルにしていましたが、なんとなく紛らわしい気がしますので、これからは内容によって「(雑記~)」、「(お知らせ)~」、「(ご報告)~」のような感じに分類しようと思います。
カテゴリはあまり増やしても使いこなせませんので、現状のままです。

ということで、お知らせです。

連載中の怖くないホラーもどき『芍薬の部屋』は、現在「話の七」まで終了しております。
次回は「話の八」となる予定ですが、その前に、ここらへんで番外編にあたる

『芍薬の部屋 アナザーサイド』

を載せようと思いつきました。
当初は本編が終了した後に「巻末特別収録」的な位置づけで掲載するつもりでしたが、これから結末に向かうという今のタイミングもありかな、と思いました。
なかなか本編の連載のペースが上がらないので、これで少しは時間稼ぎに……というのも何割かはあるかもしれません><
あと、『アナザーサイド』は本編の序盤部分を少しいじっただけなので、結末後に載せるのもなんだか……という気持ちもあります。

ということで、少し予告的なことを。
『芍薬の部屋 アナザーサイド』は、本編である『芍薬の部屋』の、「話の一」「話の二」に該当する部分を少しいじって、短編にまとめたものです。本編の「あらすじ・概要」に経緯を書いております。
基本的にコピペして、そこから修正しておりますので、内容だけでなく、文章もかなりダブっています。どうかご了承ください。

位置づけとしては、本編の約一年前の出来事ということになっており、「二ノ塚マンション A棟501号室」ではこれまでこんなことが起きていました、的な内容です。
主人公として安森(やすもり)という男性が登場します。他に、本編と同じ人物も出てきます。

こんな感じです。
前後編の2回に分けて掲載いたします。
よろしくお願い申し上げます。

関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 王様の宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記・ひとり言
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【芍薬の部屋 話の七 刻まれた証(後編)】へ
  • 【犬の肉球ブログ 蓮編三 パピヨンの憂鬱 第四話】へ

~ Comment ~

NoTitle

私も(雑記)だけにしていたのですが、最近はちょこちょこ別の情報を書き込んでいます^^
ぱっと見て分かるのが一番ですもんね。
最近は小説の数より雑記等のほうが増えてしまって、焦ってるのですが。
でも自分のペースで書いていけたほうがいいですもんね。
『芍薬の部屋』、独特の不気味さとコミカルさが、とても新鮮で面白いです。映像化されたら絶対怖いと思うんですが(笑)
番外も、楽しみにしていますね。

Re: NoTitle

lime さん

コメントありがとうございます。
limeさんの小説以外の諸々の記事も、楽しく読ませていただいております。
中にはこっそり役に立っているものも……例えば、少し前になりますが、イラストの作成過程をご紹介いただいた記事は何度も読みました^^(ちょっとPCでのイラスト描きに興味がありますもので)
これからも小説だけでなく、雑記等の記事も楽しみにしていますw
『芍薬』もなかなか進みませんが、番外編は週末頃から掲載する予定です。
よろしくお願いいたします。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【芍薬の部屋 話の七 刻まれた証(後編)】へ
  • 【犬の肉球ブログ 蓮編三 パピヨンの憂鬱 第四話】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。