スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←(雑記)勧誘コメントきました →(お知らせ)本編再開&最近読んだ本
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 王様の宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記・ひとり言
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)勧誘コメントきました】へ
  • 【(お知らせ)本編再開&最近読んだ本】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

【番外編】芍薬の部屋 アナザーサイド

芍薬の部屋 アナザーサイド(後編)

 ←(雑記)勧誘コメントきました →(お知らせ)本編再開&最近読んだ本
 引っ越しは、二日後に決行した。
 荷物はレンタカーで軽トラックを借りて運ぶことにした。これもすべて節約のためだ。

『二ノ塚マンション』に着いて、僕はたちまち後悔してしまった。エレベータがあるにしても、五階まで全て運ぶのはかなりの重労働だ。
 荷物は、いかにも強敵そうな冷蔵庫と洗濯機を筆頭に、他には液晶テレビ、ミニコンポ、テレビ台と本棚兼用のラック。ふとん、テーブルなど。あとは数個の段ボール箱に詰めた着替えや食器その他。
 これでも出来るだけ減らしたつもりだった。果たして一人で、今日中に終わるのだろうか。

 部屋に入るとまだ甘いにおいが充満していた。ただ、前とちがってむせかえるような強烈さはない。いくぶんおとなしく、あまり気にならない。

 重すぎる冷蔵庫をなんとか運び込んだ時点でくじけそうになった。しかし、誰が助けてくれるわけでもない。一人で半泣きになりながら作業を続けた。

 腰は砕け、膝は笑い、握力など皆無――
 なんとか全ての荷物を運び込んだ時には、すっかり夕方になっていた。
 段ボール箱などの細々したものは、明日でいいや、と六畳間に積み上げた。

 とにかく疲れたし、汗もたくさんかいてしまった。すぐにでもシャワーを浴びたかったが、思案の末、その前にコンビニ行って、夕飯を買った方が得策と判断した。
 コンビニまでは片道五分くらいかかる。この暑さでは、シャワー浴びてもその後コンビニに行けばまた汗だくだ。
 僕は疲れた自分自身の体にあとひと踏ん張りだ、と励ましの声をかけ、部屋から出た。

 丘の斜面にあるマンションは、結構坂道の昇り降りが億劫だった。長く住むなら自転車とか原付欲しいな。
 コンビニの袋をぶら下げ、そんなことを考えながら僕はマンションに戻った。
 ダイニングの真ん中にぽつんと置いた小さいテーブルに袋を置く。中には買ってきたお菓子やジュース、ビール、おにぎりなどが詰まっている。
 残念ながら、冷蔵庫はまだ使えない。引っ越しなどで傾けたりしたら、三時間くらいは電源を入れてはいけない。仕方ないので、冷房を強めにかけてから風呂場へ向かった。

     *

 ユニットではなく、風呂トイレ別と言うのは嬉しい。脱衣所を兼ねた洗面所も広く、ちょっとだけ贅沢な気持ちになれる。

 鏡に映った自分自身を眺めた。
 後ろが、気になる。
 初めての部屋というのは、慣れるまで緊張や不安がつきまとったりして、あれこれ余計なことを考えてしまうのだろう。未だに再就職先が決まっていないことも、孤独や焦りや心細さを強く感じさせるのだろう。

 つい、どこかで見たり聞いたりしたホラー映画や怪談、都市伝説などが頭をよぎる。
 ふとした時に何か気配のようなものを感じるのは、そのせいだ。きっと。

 目の前の、浴室の扉を開けるとそこには何かがいる、なんてあるわけがないのに。
 ・・・・。
 僕はちょっとだけ気合いを入れて、勢いよく浴室の扉を開けた。

 ぴしゃっ
 水の垂れる音が聞こえた。
 見ると、シャワーのハス口から水滴が垂れている。
「なんだ、水か」ほっと胸をなでおろした。

 ハス口から垂れた水は床を濡らし、排水口に向かって細くゆっくりと流れていく。
 その排水口が、汚れていた。髪の毛が絡まっている。
 ただ、それほど多くはない。これは清掃の手抜かりにちがいない。
 そう言えば、下見したとき、風呂場のチェックを忘れていた。あのとき気づいていれば、佐藤社長にお願いしてきれいにしてもらえたのに。

 シャワーで汗を洗い流し、すっきりした気分になって体を拭いていると、物音がした。

 浴室でもない、自分が今いる洗面所でもない。
 風呂場の外、つまりダイニングの方からだった。

 がさがさっと、何かが擦れるような音。それに、重い物がフローリングの床を転がるような音も時折混ざっている。

 何かが、いや、そんな表現ではいけない。誰かがいる。誰かがここに侵入して、何かをしている。

 どこから入ってきたか、それはもちろん、ドアしかない。
 コンビニからの帰り、鍵をちゃんとかけたか、ひどく記憶が曖昧だった。疲れてへとへとだったので、うっかりかけ忘れていたかもしれない。

 とにかくこのままではいけない。着替えはまだ段ボール箱の中だったことを思い出し、内心舌打ちしたが、この際仕方ない。腰にタオルを巻いて、風呂場から出た。

「誰だ! 何をしている!」
 出来る限り大声で叫んだ。
 しかし、誰もいなかった。洗面所で躊躇している間に、逃げられてしまったのかもしれない。
 玄関に行ってみると、鍵はしっかりとかかっていた。
 どういうことだろう?

 ダイニングに戻ると、ちょっとした異変に気付いた。
 テーブルの上に置いたはずのコンビニの袋が、床に落ちていた。袋は空っぽで、中に入っていたはずの食べ物、飲み物が周囲に転がっている。ただ転がっているだけで、封も破られていないし、概ね無事のようだった。

 ただ一つだけ、大好物のチョコレート菓子「きのこの野山」の箱がつぶれていた。拾い上げてみるとその箱には数本の髪の毛が絡みついていた。

 何か変だ。
 変なことは分かるけど、これ以上考えてはいけないような気もする。

 とにかく掃除機をかけ、気味が悪いので「きのこの野山」は捨てることにした。
 今日はさっさと食べて、寝てしまおう。畳の部屋は段ボール積んであるし、今夜はダイニングの床にふとんを敷くことにした。

 夜中――。
 ふとんに潜り込んで、余計なことは考えず目を閉じ、ひたすら眠ろうと努めた。

 どん、と何かが落っこちるような音が聞こえた。
 たぶん、気のせいだ。今日は疲れたから――えっと、空耳? 耳鳴り? なんでもいいけど、とにかく気のせいに決まっている。気にするな。寝てしまえばいい。

 どん、と今度は壁に何かがぶつかるような音がした。
 そうだ、畳の部屋に積んだダンボール箱、ちょっとバランスが悪かったよな。今頃倒れちゃった、ということだ。気にするな寝てしまおう。

 どん、ともう一度、何かが壁にぶつかるような音がした。
 そうか、壁か。あれは段ボールじゃない。隣だ。隣の住人が、こんな夜中に転んだか、壁を殴ったりしているんだ。気にすることはない。寝て――

 パシッ
 な、なんだよパシって!
 もうわけがわからない。でもあれは断じてらっぷ――もとい、あれは、きっと、えっと・・・・。

 ごろごろ。
 何かが、転がる音がした。
 聞き覚えがあった。風呂場で聞こえたのと、同じ音だった。
 幻聴ではない。かなり近い。このダイニングの床を何かが転がっている。

 お願いだから、もう勘弁してください。僕は泣く寸前だった。
 音は近づき、遠のいていくことを繰り返している。たまに、どん、と壁にぶつかっている。時折「ぐひゅ」と変な音を発しながら、また転がる。
 この場から今すぐ走って逃げだしたい衝動を、必死に抑え込んだ。

 しばらくすると、音が絶えた。
 終わったのか? 消えたのか? 去ったのか?
 全神経を耳に集中させて、周囲の様子を窺った。やはり何も聞こえない。

 僕はゆっくりと、閉じていた両目を開いてみた。
 それは、いた。
 黒い塊、黒い球状の何か。黒いモノ、としか言いようのない物体が、僕の視界前方一メートルほどの距離にあった。

「ひっ」
 思わず微かな悲鳴がこぼれてしまった。
 その声に反応するかのように、黒いモノが再び動き始めた。
 必死に両手で口を押さえ、なんでもいいから祈った。

 黒いモノは転がる。しかし、さっきとは様子がちがう。明らかに、少しずつこちらに近づいている。
 咄嗟に目を閉じ、僕は寝た振りをした。何も見てない。何も聞いてない。何も知らない。

 気配でわかった。やがてそれは、僕の枕もとに辿り着いて、静止した。

 耳元で声がする。
「あなた・・・・ちがう。あなた・・・・だ、れ」
 寝たふりを続ける。
「お・・・・き、て。ねえ」
 これは夢だと思いこむことにする。でも全身の震えが止まらない。

「ね、ねえ・・・・・・・・おか、シ、ち、ちぃヨ・・・・」
 もうだめだ、限界だ。
 僕は、気を失った。

     *

「あの人、何日持つと思ってるの?」
「あの人? ああ、安森さんのことか」
 佐藤不動産社長、佐藤康則は、言われるまでその人物のことをすっかり忘れていた。

「気になるんだったら、様子でも見に行けば? たまきちゃん」
「お断りよ、この件に一切関知する気はないわ」
 佐藤からたまき、と呼ばれた女は、客のいない不動産の接客用カウンターで、冷たい麦茶をすすっていた。

「えーっと確か、賃貸契約してから今日で四日、てところか。入居がいつか分からないけど、それなりに持ってる方じゃないか? 何せ、最長記録は十日なんだし。そろそろ苦情なり悲鳴なり、怒鳴り込んでくるなりあってもおかしくないね」
 がははは、と佐藤社長は弾力豊かな腹を大きく振動させた。

「忠告だけはしておくわ。あの人、かなり小心者よ。何があっても知らないからね」
「それは困るなあ――ねえ、たまきちゃん」
 佐藤は両手を合わせてお願いのポーズを取った。
「お断りします」
「はいはい、じゃあ、あとで澤田さんにでも見に行かせよう」
「わかったわよ、行けばいいんでしょ! 報酬、弾んでよね」
「またまた、たまきちゃんだって、情報収集したいくせに」

 ふん、と顔をそむけ、たまきは立ち上がった。佐藤社長に向かって右手を突き出す。車のキーを寄越せ、といういつもの仕草だ。
「あれ、もう行くのか? 随分気が早いな」

「言ったでしょ、小心者だって。最悪気を失うわ、あの人。夜中に気を失って、そのまま目覚めず、この猛暑の中、エアコンもつけず窓も開けずに、あの日当たりの良い角部屋で伸びたまんまになってたら、どうなると思う?」
「う」さすがに佐藤も少し動揺し、いそいそと車のキーと、マンションの合鍵を取り出し、たまきに渡した。

「行く前に教えて欲しいことがあるわ」
「うん? なんだい?」

「あの人――安森だっけ。どうしてあの部屋を薦めたの? 安森の何が気に入らなくて、怖い目にあわせようと思ったわけ?」
「うーん、それはねえ、何と言えばいいかな・・・・」
「それに安森は、三原さん、だっけ・・・・随分とお世話になっている人の紹介なんでしょ。こんなことして大丈夫なの?」

「だからさ、その三原さんからの依頼なんだよ。安森の小僧を懲らしめてくれってね」
「へ・・・・」
 たまきは口をぽかんと開けたまま、一瞬だけ固まってしまった。

「・・・・安森って何かやらかしたの? 恨みを買うようなこと。あんなに若いのに」
「いや、何もしてないよ。どうやら、彼の父親がちょっと、三原さんとただならぬ因縁があったみたいでね。虎視眈眈と復讐の機会をうかがっていたそうなんだが、つい先ごろ、安森父は亡くなってしまったらしい。で、やり場のない怒りの矛先が、安森息子である彼に向けられた、と。まあ、とばっちりもいいとこ――」
「最低ね、悪趣味ったらないわ。そんなことに手を貸すここの社長はもっと最低ね!」
「だから、あの部屋にしたんだよ。あそこは今まで一度も住人への直接的な危害はない――って、ちょっと、たまきちゃーん」
 佐藤の弁解に一顧だにせず、たまきは出て行ってしまった。

 佐藤は頭をぽりぽりと掻きながら呟いた。
「ああいうところは、ホント母親そっくりだな・・・・」

 およそ三十分後、たまきから電話連絡が入った。
 安森は無事だった。ただ、夜逃げの準備の真っ最中だったとのこと。
 指示を仰ぐたまきに、佐藤は苦笑しながら言った。
「逃げる必要はないよ。今度はちゃんとしたところを紹介してあげるから、ここに連れておいで」

 双塚市にある『二ノ塚マンションA棟五〇一号室』は、女性が住んでも何も問題ないが、男性が住むと必ず奇怪な現象が起きる。二〇一二年現在、その謎はまだ解明されていない。

(おわり)


※以上で番外編『アナザーサイド』終了です。お読み頂きありがとうございました。

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ  
お気に召しましたら、ぽちっとしていただけると励みになります


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 王様の宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記・ひとり言
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)勧誘コメントきました】へ
  • 【(お知らせ)本編再開&最近読んだ本】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)勧誘コメントきました】へ
  • 【(お知らせ)本編再開&最近読んだ本】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。