スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←芍薬の部屋 アナザーサイド(後編) →芍薬の部屋 話の八 扉の向こう(前編)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 王様の宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記・ひとり言
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【芍薬の部屋 アナザーサイド(後編)】へ
  • 【芍薬の部屋 話の八 扉の向こう(前編)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

雑記・ひとり言

(お知らせ)本編再開&最近読んだ本

 ←芍薬の部屋 アナザーサイド(後編) →芍薬の部屋 話の八 扉の向こう(前編)
梅雨が明けた途端に連日の猛暑&熱帯夜で、早くもグロッキーな気分です><

さて、急遽掲載を決めた『芍薬の部屋 アナザーサイド』(番外編)も無事終了しました。
また次からは本編の再開となります。

以上。……ですと、短すぎてちょっと味気ないので、最近読んだ本でも紹介します^^

コンビニで偶然見かけて購入しました。
タイトルは 『もう一度読みたい 教科書の泣ける名作』 です。


もう一度読みたい 教科書の泣ける名作


表紙のイラストが可愛かったのと、オビにあった
「あなたはごんぎつねのラストを覚えていますか」
というコピーにつられてしまいました^^

はい、言われてみれば、『ごんぎつね』読んだはずなのですが、あまり覚えていません><
教科書に載る作品は、相応の完成度、あるいは評価があってしかるべき「名作」が多いと思うのですが、「教材」として読むためか、印象に残っていない場合が多いことに気付きました(特に小学校時代)。たぶん自分から積極的に読もうという姿勢がなかったのでしょう。何せ、授業とセットですから(笑)。
でも、「読んだことがある」という記憶だけは残るので、後にその作品をまた購入して読もう、という気持ちにもなりにくいようです。
同じような本は他にもあるようですが、もう一度読んでみようかな、と思ったとき、こんな感じにいくつかの作品がまとまっているのはありがたいです。
ちなみに、この本に収録されている作品は以下の通りです。中には(たぶん)読んだことのない作品も含まれていました。

ごん狐
注文の多い料理店
大造じいさんとガン
かわいそうなぞう
やまなし
モチモチの木
手袋を買いに
百羽のツル
野ばら
ちいちゃんのかげおくり
アジサイ
きみならどうする
とびこみ
空に浮かぶ騎士

杜子春

早速『ごんぎつね』読んだんですが、悲しくて涙が……。でも改めてちゃんと読んで良かったと思いました。これからも一日一本くらいのペースで読んでいこうと思います。


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 王様の宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記・ひとり言
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【芍薬の部屋 アナザーサイド(後編)】へ
  • 【芍薬の部屋 話の八 扉の向こう(前編)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【芍薬の部屋 アナザーサイド(後編)】へ
  • 【芍薬の部屋 話の八 扉の向こう(前編)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。