スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←昔黄色で今は紅 →(雑記)なかなか書けませんw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 王様の宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記・ひとり言
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【昔黄色で今は紅】へ
  • 【(雑記)なかなか書けませんw】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

なんでもみかん箱(その他入れ)

10番目の月に走る

 ←昔黄色で今は紅 →(雑記)なかなか書けませんw
12月になりました。
12月は旧暦の呼び方で師走(しわす)。

とても忙しくて、師匠、先生、あるいは僧侶が東奔西走することから「師走」になった、という話をよく聞きますが、実はこの話はあくまで「説」であって、語源として正しいかどうかはわからないみたいですね。

師走は「師馳す」から。
他に、年が終わる意味の「年果つ」→としはつ→しはつ→しはす
など、いくつか説があるそうです。

師匠でなくともなんだかんだで用事が入ったり、仕事が立て込んだり、家では大掃除したり、そして年始に向けての準備など、他の月よりも忙しくなるのは本当みたいです。

ちなみに英語では「December」。
実はこの単語、本来は「10番目の月」という意味だそうです。
ふた月ずれてますね。

これは紀元前のローマの暦の考え方から生まれた言葉だそうです。
古代ローマでは、年の初めを現在の3月としていました。
だから、3月から数えて10番目が12月、というわけですね。
ちなみに最も古い「ロムルス暦」ではこの「10番目の月」でカレンダーが終わるそうです。それでは一年が300日程度になってしまいますが、その後「日付のない日」が約60日続くそうです。
農作業ができない真冬には日付は不要と考えられたみたいですね。
でもさすがにこれでは不便だったのか、後の改暦(ヌマ暦)で月が二つ加えられて、一年が12の月で構成されるようになりました。

このローマの暦は現在のカレンダーにも色濃く影響を残しております。
3月が年始なら、年末は2月になります。
だから2月は端数や閏年の調整に当てられており、他の月よりも日数が少ないのだそうです。



【解説】
前回同様、季節ものうんちくエッセイです。
やはり以前、どこかで書いた記事が原型です。ちょうど12月がタイムリーな記事が2本見つかっておりまして、そのうちの1本目ですw 2本目はもっと年末になってからの掲載になると思います。



にほんブログ村 小説ブログへ 
お気に召しましたら、ぽちっとしていただけると励みになります
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 王様の宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記・ひとり言
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【昔黄色で今は紅】へ
  • 【(雑記)なかなか書けませんw】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【昔黄色で今は紅】へ
  • 【(雑記)なかなか書けませんw】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。