スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←白い彼女 第12話 →白い彼女 第14話・前編
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 王様の宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記・ひとり言
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【白い彼女 第12話】へ
  • 【白い彼女 第14話・前編】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「白い彼女」
第三章 ユカ(9~14話)

白い彼女 第13話

 ←白い彼女 第12話 →白い彼女 第14話・前編
第13話

 二学期が始まり、時々ユカの姿を校内で見かけるようになった。だがお互いに全く話もしなかった。たまに廊下ですれ違ったり、部活で顔を合わせたりすると、どうしたらいいかわからなくていつも困っていた。ユカの方はおれに気づくと、遠くからでも微かに会釈をしたり、微笑んだりしてくれた。そんな時はおれは慌てて頷いて見せたりした。

 そんな状態だったので、二人についての噂もいつの間にか消えていた。それと同じように、おれのユカに対する意識も薄れていった。要するに噂に乗せられてその気になったようなものだった。きっとユカもそうなのだろうと決めつけ、これでこの件は終了となるだろうと思った。

 登校する時、電車の中ではよくユカを見つけた。しかし夏休みの時とは違って、いつもユカは親友のケイコと一緒だった。一度ユカがおれに気づき、小さく手を振ってくれたので、おれも右手をちょっとだけ上げて「よっ」と挨拶したら、隣のケイコがユカを冷やかし始めたので、もう車内で挨拶するのは止めにした。ケイコが一緒にいない日もあったが、ユカはイヤホンで音楽を聴きながら本を読んでいたり、寝ているのか目を閉じていることが多く、おれには気づかないようだった。そのうち車内でユカを探すことも止めた。

 いつも通りの日常。一学期と変わらない毎日が戻ってきた。だが、周りでは幾つかの変化もあった。
 高一の夏休み、変わる奴は一気に変わる。急に付き合いの悪くなった奴もいたし、格好が派手になった奴もいる。そして彼女ができた奴、セックスを経験した奴。七月にはまだ圧倒的多数派だった童貞率が一気に低下した。クラス全体ではどうだか知らないが、おれがいつもつるんでる友達(おれを含めて八人)の中では、女と寝たことのない奴が七月には七人いたのに、九月には四人にまで減っていた。おれはその四人に含まれていて、内心驚きと焦りで一杯になった。「おれも早くやりてー」と騒ぐ奴もいて、おれも全く同感なのだが、人前では「別にどうでもいいや」と嘯いていた。

「ユキノとやっちまえばいいじゃん」
 噂を覚えていた友達の一人があるときそう言った。九月下旬、文化祭が近づいている。毎年この時期はカップルが出来やすいらしい。自然と独り者はチャンスを掴もうと躍起になる。
 学校の近くのファミレスで、男八人がたむろして女の話題で盛り上がっている。はっきり言ってカッコ悪い。
「べつに、ユキノのことなんてなんとも思ってねえよ」
 おれは普通に答えた。だが皆の反応は予想外だった。皆驚いたように、マジ? マジ?と繰り返している。
「無理すんなよ。できてんじゃねえの? 実際」
 コウイチが訊いてくる。この中では一番モテる奴だ。
「なわけないだろ」
「まじで?」
「いやまじで」
 嘘はついてない。本当にできてない。むしろ最近忘れてた。ユカのこと。
「一回噂になっただろ、お前ら。でイワイもユキノもどっちかっつーと地味っていうか、おとなしいタイプじゃん。だから気ぃ遣って周りで騒がないようにしてたんよ。実際」
「なんだよ、それ」
「いや、だから、そっと見守ってやろうって」
 噂は消えていなかった。むしろ事実ということになってしまっていた。
「だから、ただの噂だよ、それ。なんもないよ。たまたま夏休みの時、部活で一緒になることが多かったってだけ」
「でも、電車の中とかでいつも一緒だっただろ」
 げげっ。何でそんなことまで知ってる?
「わざと同じ電車で、同じ車両で、帰りもできるだけ一緒に帰ってたんだろ、実際。それでなんとも思ってないって、ちょっと変じゃねー? 特にイワイの場合。普段あんまし女と話とかしねーじゃん。おれの知ってる限りではユキノだけだな。実際」
 他の奴らも頷いている。白状させようという魂胆だ。
「それとも、一緒に学校通う特別な理由とか、事情とかでもあったわけ?」
 理由はあった。痴漢対策だ。だがそれを皆に言っていいものか迷った。あのときのユカを思い出すと言うべきではないと思えた。それに言ったところで誤解が解けるような気もしない。結局おれは黙り込むしかできなかった。

 黙っていると、周りの冷やかしが始まる。なんだ図星かよ、こくっちまえ、とっととやっちまえ。
 イライラが積もってくる。
「っせーな! だから何でもねーんだよ!」
 思わず怒鳴ってしまい、皆が静まる。
「まあまあ、そう怒んなって。みんなイワイを励ましてんじゃん。すぐ怒るのよくねーよ。直した方がいいな。実際」
 コウイチがなだめる。おれが怒るときは必ずコウイチがなだめ役に回った。のんきで気が長く、友達思い。皆から信頼されている所以だ。そのコウイチがおれの肩に手を置き「ちょっと来な」と、トイレに連れて行く。

 二人並んで用を足しながら、話かけてくる。
「あんまり言うとまた怒るからもうやめっけど、おれはいいと思うな。お前とユキノって似合うと思うよ、実際。ユキノってちょっと地味な感じだけど、よく見ると結構カワイイし。もとがいいから化粧とかしなくても全然いけてるし。おれは話したこととかないからよくわからんけど、性格もいいらしいし――実は、何人か知ってるんよ。ユキノのこと狙ってる奴。だから、お前にその気があるなら急いだほうがいいかもなって」
 ユカがもてるっていうのは意外だった。そうか、あういうコがカワイイって言うんだ。思わずコウイチを見ると、コウイチもおれを観察していた。
「別に、嫌じゃねーんだろ? ユキノのこと」真顔で訊いてきた。
「でも正直なとこ、よくわかんないよ。最近は話もしなくなったし、向こうにもそんな気ないんじゃないの?」
「なるほど。お互いさまってか。実際」
「なんだよお互いさまって」
「知りたければ、明日ここに行きな」
 コウイチは小さな紙切れをおれに手渡した。そこには明日の日付で午後四時、駅前の「CHEZ NOUS」と書いてある。知らない店だったが、コウイチが詳しく場所を教えてくれた。喫茶店らしい。

「おれって、いろいろ詳しくて驚いたっしょ。お前とユキノのこと。実はさ、〝金さん〟から聞いたんよ」
〝金さん〟とはユカの親友ケイコのことだ。本名はトオヤマケイコ。夏休み明け、いきなりピカピカの金髪に変身して登校してきた。以来、トオヤマの〝金さん〟と呼ばれるようになった。

 コウイチはその〝金さん〟ことケイコから相談をうけた。脈がありそうなら話がしたいということだった。
「あ、ユキノはこのこと知らないみたい。金さんが勝手にやってるって言ってたよ。結構マジっぽかったな。だからお前に伝えたんだけど。お前らを無理矢理くっつけようとか、好きか嫌いかはっきりさせろとか、そういう雰囲気でもなかったしな。ま、とにかく行ってみなよ。皆には内緒にしとくし」
「お、おれは別に・・・・」
「素直になれっての。さっきおれが『ユキノってカワイイ』って言ったとき、お前嬉しそうな顔してたぞ。実際」

(第14話につづく)
※本文中、〝金さん〟のカッコ記号が化けていたら教えてくださいw



にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ 
お気に召しましたら、ぽちっとしていただけると励みになります

関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 王様の宝物
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記・ひとり言
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【白い彼女 第12話】へ
  • 【白い彼女 第14話・前編】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【白い彼女 第12話】へ
  • 【白い彼女 第14話・前編】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。